禁煙外来の保険適用の条件と初診の流れについて

禁煙外来とは、たばこを辞めたい人向けに作られた専門外来です。

禁煙外来で禁煙治療を行う場合、2006年4月から一部の施設で禁煙治療が保険適用となりました。(保険適用の条件には施設の基準もありますので、受診する施設が保険診療を行っているかどうかを確かめてください。)

また保険で認められている通院回数は、初診を含めて計5回、期間は約3か月となります。

保険が適用されるには、条件が4つあります。

1つ目は、「禁煙治療のための標準手順書」に記載されているニコチン依存についてのスクリーニングテスト(TDS)の結果が5点以上で、ニコチン依存症と診断。

2つ目は、ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上。

3つ目は、直ちに禁煙することを希望。

4つ目は、「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、その禁煙治療を受けることを文書により同意。

以上の4つとなります。

次に、禁煙治療初診の流れを4つに分けて説明します。

1つ目は、ニコチン依存症のチェックテストをし、保険診療が可能かどうか判断します。チェックテストには、10個の質問があり、それに対しての答えの「はい」が1点、「いいえ」が0点で計算し、合計点が5点以上でニコチン依存症と判断されます。

2つ目は、一酸化炭素(たばこに含まれる有害物質)がどのくらい含まれているか確認します。

3つ目は、禁煙開始日を決定し、「禁煙宣言書」にサインします。

4つ目は、禁煙補助薬の説明を受け、薬を処方してもらいます。