禁煙外来の最大のメリットは禁煙補助薬の処方

禁煙外来の最大のメリットは禁煙補助薬の処方

どうしても煙草をやめられないという人がいますが、意志の強い・弱いを理由に挙げるのは間違いです。

現在ではニコチンの依存についての研究が進んでおり、すでに専門医師や専門外来の指導のもと、治療を行うことが常識になっています。

禁煙外来を受診すると、まずは専門医の診察があり、アドバイスと一緒に禁煙補助薬を処方してもらえます。

この禁煙補助薬は禁煙外来の診察を受けなければなりませんから、そのためにも専門外愛へ行くことが勧められているのです。

ニコチンから脱するための、ニコチンを含まないパッチ(貼るタイプの薬)や飲み薬を服用すると、煙草を吸っても美味しくないと感じるようになります。

次第に煙草に手が伸びることがなくなりますから、自己禁煙でイライラしたり挫折してしまったりするようなことが少ないのです。

また、禁煙をすると独特の禁断症状に悩まされることがあります。

その際にも、専門医から適切なアドバイスと対策を教えてもらえますから強い味方になります。

強烈な眠気、食欲の増加、イライラなど、自分で禁煙をしていると日常生活に影響が出てしまい、車の運転をする人には事故の原因になってしまうこともあります。

インターネットなどで情報を収集することも良いですが、禁煙外来の専門医からの注意と一緒に指導してもらえば、自分が知らなかった禁断症状への対策もできます。

禁煙は苦しいだけでなく、これからの自分の健康を取り戻す第一歩ですから、禁煙外来でニコチン依存から脱する準備をしましょう。